今年もやってきました全日本少年少女武道錬成大会。剣道のみならず弓道や空手など、日本古来の武道を通した子供達の育成を目的に毎年武道館で開催されます。
梅園剣道教室でも毎年この錬成大会を目指し、5月から強化練習に励んでいます。今年は6年生2人、5年生3人、4年生1人の合計6人で団体戦に臨んできました。
まずは初日。東岡崎駅で梅剣の仲間たちからエールを受けていざ出発!いつでも応援してくれる仲間がいるというのは、本当に心強いですね。みんなの分も頑張ってくるぞ!そんな気持ちが選手から伝わってきます。

東京に到着し、まずは武道館の下見。江戸城の堀に囲まれ、間近に靖国神社を見据える武道館の歴史に圧倒されながら、明日の自分達の頑張りを誓います。

続いては願掛けのため浅草寺に行きました。いつもテレビで観る大きな提灯の前で記念撮影。その後は人で溢れかえる仲見世を通り過ぎて恒例の常香炉で煙を浴びます。皆んな、頭、頭、頭。剣道の願掛けなんだから、腕とかにかけないのかな?やっぱり頭良くなりたいよね。晩御飯では偶然にも同じ大会に出場する奈良の鴻ノ池道場さんとお会いしました。とても礼儀正しい子供達。お互い健闘を祈りつつお別れしました。
いよいよ明日は本番!がんばるぞー!

 

 

武道館2日目。いよいよ本番です。この日のために、5月から強化練習に励んできました。

武道館の雰囲気に飲み込まれそうになりながらも開会式では堂々と入場行進。

先鋒 大川雄吾、次鋒 林 隼誠、中堅 倉田 駈空、副将 野村 龍希、大将 大澤 玉青、元立ち 大川先生の順で入場です。プラカードは補欠の入谷 耕明。

 

試合は7試合目。初戦は千葉の八柱学園剣道部Bと対戦です。

結果は基本では見事5-0、一本勝負でも5-0で勝利。見事初戦突破です。

2試合目は奈良の強豪 尚武館。メンバーの中には奈良県ナンバーワンの選手もいますが、挑戦者のつもりでチーム一丸となって尚武館に挑みます。2試合目までは基本が勝敗を左右するので、梅剣にも十分勝機はあります。

結果は見事な勝利!基本で2-3。一本勝負でも見事な合い面での一本や粘りの引き分けで、文字通りチーム一丸となっての勝利でした。

このままの勢いでコート準々決勝です。ここからは基本がなくなり3本勝負。相手は東京の強豪 雄邦館A。

結果は惜しくも負けでしたが、子供達、自分達の力を120%出し切りる事ができました。そして改めて梅剣チームの力を感じる事ができましたね。

 

 

 

 

素晴らしいチームメイト、素晴らしい先生、そして支えてくれるお母さん達のおかげでここまで来れました。感謝の気持ちを忘れずに、来年は更に高みを目指して、チーム一丸となって頑張ろう!子供達の大きな可能性と仲間の素晴らしさを痛感した、素晴らしい大会となりました。
お忙しい中ご指導をして下さった先生方、応援して下さった皆様に深く感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

<結果>
女子チーム ※予選敗退
 梅園×洗心道場
 新心館×梅園
 
男子チーム ※予選敗退
 梅園×輝龍剣志隊
 新心館×梅園 
おつかれさまでした。

豊川市立小坂井中学校にて、第9回 こざかい立葵剣道大会が行われました。

日々の努力の成果を表す時です。

 

<開会式>

 

< 団体戦 Aチーム>
梅園2−0牛久保
梅園3−1御津
梅園1−0剣禅会
梅園3−0砥鹿
梅園1−2御油

決勝戦まで勝ち進み、惜しくも敗退してしまいましたが見事準優勝。

日々の厳しい練習の成果ですね、本当におめでとう!!

 

 

< 団体戦 Bチーム>
梅園3−0御津
梅園0−2御油
3人ともとてもしっかりと竹刀が振れていたのに、間合いがうまくとれていなかったようです。
次に生かせるといいですね。

 

< 個人戦、1、2年の部 >
1、2年、3、4年の部では、1本目が基本打ちの勝負になります。
基本打ちで負けてしまった子は、もう一度、基本を見直して見ましょう。
大川紗英さん、見事準優勝です! おめでとう!
< 個人戦、3、4年の部 >
< 個人戦、5、6年の部 >

大川 雄吾くん、見事三位です! おめでとう!
< 先生方のお話 >
<桑木先生>
審判に促される前にコート内に入ること。
低学年 基本打ちは間合いと失敗しないことが大事。繰り返ししっかり練習すること。
<大川先生>
同じ技を何本も取られたら、試合中に気づいて対策をとること。
2分のために手伝ってくれたお母さん達に感謝すること。高学年は去年先輩達が頑張ってくれたからよい組み合わせの中で勝ち抜けた。後輩のため、来年学年があがっても頑張りましょう。
<林先生>
2位で満足しないこと。喜んでもいいが満足せず勝ちにこだわること。
先生方、関係者の皆さま方、ありがとうございました。
ご父兄の方々、お疲れ様でした。

今年度最初の梅剣杯でした。
A〜Eリーグに分かれ戦いました。

 

Aリーグ
大澤

 

山村


倉田


蒲池(耕)


林(隼)


大川(雄)


Bリーグ
石川


野村(佳)


野村(龍)


並河


入谷(耕)


山下(華)


Cリーグ
蒲池(研)


名倉(侃)

 

大川(紗)


戸田


中根(薫)


Dリーグ
加能


林(悠)


則包


入谷(和)


名倉(虎)


Eリーグ
大島


林(大)


山下(登)


川瀬

 

☆☆☆結果☆☆☆
Aリーグ
1位:大川(ゆ)
2位:大澤
3位:蒲池(耕)

Bリーグ
1位:石川
2位:野村(龍)
3位:並河

Cリーグ
1位:名倉(侃)
2位:中根(薫)
3位:戸田

Dリーグ
1位:則包
2位:入谷(和)
3位:名倉(虎)

Eリーグ
1位:林(大)
2位:山下(登)
3位:大島

 

大和君は初陣、初勝利で最高の笑顔。

 

<大川先生>
準備してもらったお母さん達、審判をしてくれた梅剣OBの中学生に感謝しましょう。勝っておごらず、負けてくさらず、これからも頑張りましょう。
<林先生>
一本を取ることにこだわり、しっかり打ち抜くこと。どん欲に勝ちに行く、一本を取りに行く気持ちが大切です。
<杉浦先生>
去年より皆強くなっています。これからも稽古に精進して頑張りましょう。
<桑木先生>
審判をしてくれた中学生は、なぜ一本にならないかを考えながら審判をして欲しいとおもいます。そうすると自分が試合をする時にどうすれば一本とれるか考えるようになります。審判も見取り稽古の一つという気持ちでやりましょう。

見る度に成長が感じられ、皆よく頑張り日ごろの成果が出せたと思います。
健康第一で勉強も剣道も、1つ1つ確実にレベルアップしていきましょう。
試合の段取り進行をして頂いたみなさま、忙しい中お手伝いしてくれた先輩方、本当にありがとうございました。
先生方、お父さんお母さん、おつかれさまでした。

 

2018年4月29日 岡崎市民剣道大会が開催されました。

梅園剣道教室として小学生から高校生まで多くの剣士が参加しての個人戦。

 

まずはアップから。

短い時間でどれだけ体を温められるかが勝負です。林先生、大澤キャプテンの指示で皆一生懸命アップです。

yamamura

開会式

yamamura

※一部撮れていません.ご了承下さい.

yamamura

一般女子の部

梅園剣道教室から山下(佳)先生、山村(朝)が参加です。

二人共久しぶりの公式試合とは思えない気迫で見ているこちらが元気をもらいました。

yamamura

佐藤(真)

yamamura

山村(朝)

yamamura

小学の部

大澤

yamamura

蒲地(耕)

yamamura

山村(征)

yamamura

石川

yamamura

野村(龍)

yamamura

大川(雄)

yamamura

杉山(裕)

yamamura

倉田

yamamura

林(隼)

yamamura

山下(華)

並河

yamamura

中根(薫)

yamamura

中根(櫻)

名倉(侃)

yamamura

則包

蒲地(研)

yamamura

yamamura

野村(佳)

yamamura

入谷(耕)

yamamura

加能

yamamura

yamamura

戸田

yamamura

大島

yamamura

大川(紗)

yamamura

林(悠)

yamamura

入谷(和)

山下(登)

初試合で初勝利!おめでとう!よく頑張ったね。

yamamura

中学の部

大川(凌)

yamamura

高井

yamamura

山内

yamamura

佐藤(孔)

yamamura

杉山(想)

小林

yamamura

高校の部

加藤

yamamura

表彰式

小学1・2年の部

5位:大川(紗)

yamamura

小学5・6年の部

5位:大澤,林(隼)

yamamura

高校男子の部

3位:加藤

yamamura

おめでとうございます!

閉会式

yamamura

おつかれさまでした!

yamamura

指導頂きました先生方

お手伝い頂きましたお父さんお母さん

ありがとうございました

yamamura

yamamura

先生方に指導頂いたことを

自分事として

1つ1つ実行に移していきましょう

久田剣道場40周年記念剣道大会が瀬戸市体育館に於いて行われました。
各学年男女別での今年度最後の個人戦でした。6年生にとって、これが小学校最後の大会となりました。
最後の大会に花を添えるべく、皆最後まで一生懸命戦いました。練習の成果を発揮できた子、なかなか思い通りの結果が出せず悔し涙で道着を濡らした子、色々でしたが、どの子もこの1年の成長が感じられたとてもいい試合でした。

久田剣道場の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

<試合結果>

幼年・小学1年女子の部 大川紗英(準優勝)

強豪ばかりのこの大会で本当に素晴らしいことです!毎日の努力の賜物ですね。努力は嘘をつかないことをみんなの前で見せてくれました。

 

最後に先生からお言葉を頂きました。

<桑木先生>

今日は皆頑張っていましたが、少し弱気な部分がありました。常に攻める気持ち、先を取る気持でいかなければ勝てません。気持ちを強く持って頑張りましょう。

<大川先生>

せっかく試合に来たのならほかの道場の友達の試合をしっかりとみて、自分に何が足りないのかどうすれば次勝てるのか考えてください。とにかく皆頑張りました。次こそもっと勝つぞという気持ちで頑張りましょう。

 

《 開会式 》

 

 

<試合>