毎年恒例の田原BHK杯

今年も参加させて頂きました

A,B,C,D,中学生,一般の部です

開会式

Aチーム

野村龍希,大川雄吾,大澤玉青

優勝おめでとう!!!

続いてBチーム

林隼誠,山村征嵩,蒲地耕太郎

そしてCチーム

倉田駈空,名倉侃奈,並河澪

Dチーム

山下華楓,則包心緒,中根櫻子,野村佳希

中学生の部

小林,荒木,山内,高井,大川凌駕

お昼を挟んで一般の部!!!

大串,大川,成田,近藤,大串快晴,林

 

皆さんおつかれさまでした!

 

形埜剣道教室錬成大会に出場させて頂きました
個人戦はリーグ戦、トーナメント、そして団体戦と多くの試合を経験することができる大変ありがたい大会です。

 

【団体戦結果】

優勝


形埜剣道教室ー梅園剣道教室 1-3
御油剣道教室ー梅園剣道教室 1-3

龍輝館ー梅園剣道教室    1-4

【個人戦】
低学年、高学年毎にリーグ別総当たりでたくさんの試合を経験することができました。

 

【個人戦トーナメント】
〈低学年〉
 3位 入谷

 

大澤

 

 

蒲池(耕)

 

野村(龍)

 

大川(雄)

 

倉田

 

林(隼)

 

並河

 

山下(楓)

 

中根(櫻)


中根(薫)

 

則包

 

入谷(耕)

 

野村(佳)

 

加能

 

大島

 

名倉(虎)

 

林(悠)

 

大川(紗)

 

入谷(和)

 

山下(登)

 

林(大)

 

川瀬(慶)☆初陣☆

 

−表彰式−

 

 

【大川先生】

個人戦では高学年が結果を残せなかったけれど、団体戦で優勝できました。

練習すればするほど、結果はついてくるものです、これから先も頑張りましょう。

【桑木先生】

試合後の掃除一つしっかりとできず、感謝する気持ちがありません。

一人一人が考えて行動し、限られた時間を無駄なく行動し次につなげましょう。

 

形埜剣道教室の皆様方、

お忙しい中貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。

 

瀬戸市体育館にて行われた秋田杯少年剣道大会に参加させて頂きました。
梅剣からは 高学年1チーム(5人)、低学年1チーム(3人)の参加です。
この大会は1分30秒、1本勝負の勝ち抜き戦です。
勝った選手はそのまま交代せず、次の選手と戦います。
引き分けはお互いに次の選手と交代です。

<高学年の部>
蒲池
林(
野村(
大川
大澤

1回戦目 梅園 × 三浦 澄夫選抜
2回戦敗退 梅園 x 南区少年剣和会
<低学年の部>
戸田
野村(佳)
入谷

梅園  ×  東レ新鋭会
悔しくも1回戦敗退。
この大会では強豪チームが多く出場しており、たくさんの試合を見ることができました。
試合は負けてしまいましたが、見取り稽古もとても大切です。
試合終了後は別会場にて申合わせ稽古をさせて頂きました。
申合わせ試合では、あまり対戦する機会のない道場さんとも試合をさせて頂き、いい経験を積むことができました。
<先生のお話>
勝てない試合が続いている。相手がこちらを怖がらずにのびのび試合をしているのを見ると悔しい。
皆も悔しがってほしい、負けたくなかったら家で自主的に練習しもっと頑張りましょう。
本大会開催関係の皆様方、
お忙しい中貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。
愛知県農協体育館に於いて葵剣友会剣道交流大会が行われ、低学年・高学年各1チームが参加させて頂きました。
<開会式>
まずは予選リーグ。上位2チームが決勝トーナメントに上がります。
<高学年>
大川
野村
蒲池
大澤
<高学年 結果>
予選リーグ2位、決勝トーナメント進出。
決勝リーグ1回戦負。
<低学年>
戸田
蒲池
野村
加能
入谷
<高学年 凌雲館さんにのチームに参加させて頂きました>
石川
山村
<低学年 結果>
予選リーグ2位、決勝トーナメント進出。
決勝リーグは1回戦負でしたが、3位入賞。
<表彰式>
今回もとてもたくさんの課題が見つかりました。
先生がおっしゃられた「このままではいけないと思ってほしい」という言葉から、自分に何が足りなくて
何ができていなかったのか、これからどうすればいいのか各々が考えることで次につながると思います。
葵剣友会の先生方、父母の会の皆様、
お忙しい中貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。

秋晴れの空の下、今年も天神杯をさせて頂くことができました。

皆気合十分です。

 

お楽しみの風船割も紅白に分かれ、先輩の指揮のもと作戦会議。

基本の部の風船割。真っ直ぐ竹刀を振り落とし、的を割ります。

 

低学年の部。の勝利。

 

高学年の部。紅の勝利。

 

紅組が勝鬨上げました。

 

次は基本の部の試合です。

 

基本の部決勝。

低学年の部。

低学年決勝。

 

高学年の部。

 

高学年決勝。

 

≪試合結果 基本≫

優勝 川瀬 慶己

2位 林 芽彩

3位 名倉 龍之介

 

≪試合結果 低学年≫

優勝 入谷 耕明

2位 大川 紗英

3位 蒲池 研次郎

 

≪試合結果 高学年≫

優勝 大澤 玉青

2位 石川 大煌

3位 林 隼誠

 
 

 

 
 

安城東部祥学館50周年記念少年剣道交流大会に参加させて頂きました。

高学年41チーム、低学年42チーム、中学生194名、総勢525名

梅剣からは高学年団体1チーム、低学年団体1チームでの参加です。

<<高学年団体>>
先鋒 大川 雄吾
次鋒 林 隼誠
中堅 野村 龍希
副将 石川 大煌
大将 大澤 玉青
・結果 予選リーグ敗退
京都清錬会4-1梅剣
梅剣1−3龍虎の会
<<低学年団体>>
先鋒 戸田 脩公
中堅 野村 佳希
大将 入谷 耕明
・結果 敢闘賞
予選リーグ
江南武道館0-3梅剣
高浜市剣道スポーツ少年団0-3梅剣
決勝トーナメント
1回戦
若園剣志会0-1梅剣
2回戦
修徳館日比野道場3-0梅剣
<<中学生>>
<<大川先生より>>
怖いところを、思い切って先に入って打つこと。試合に出るからには、溢れんばかりの闘志を見せて勝ちに行ってほしい。
低学年は実力以上の賞を頂くことができた。今できる範囲のことができたと思う。せっかく頂いた賞、この賞を機に勝ちたいと思うようになってほしい。
試合後は申し合わせ試合をさせて頂き、多くのことを学ばせて頂きました。
安城東部祥学館の先生方、父母の会の皆様、そして先生方
お忙しい中貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。
梅剣ファイト!