7月23日、大会本番です。
武道館の開場を待つ長蛇の列に圧倒されながらも待ち時間に気合の1枚!


出場メンバー
先鋒 大川雄吾
次鋒 杉山裕次郎
中堅 佐藤孔明
副将 小林龍弥
大将 杉山想太郎
元立ち 桑木先生


ドンドンドン!と太鼓の音が鳴り響き、薄暗かった会場がパッと明るくなり選手が入場。



北は青森から南は沖縄まで、総勢989チームが二日間に分けて戦います。
23日には510チームが参加。
という事は…
ざっと3000人の開会式。



凄いです!

梅剣は14試合目。
身近で頑張り良きライバルでもある、葵剣友会さんが勝ち上がるのを見て奮起し、試合会場へ向かいます。

《 試合結果 》
梅本少年剣友会(東京) 対 梅園剣道教室
〈基本判定〉
先鋒 1-2


次鋒 3-0


中堅 1-2


副将 2-1


大将 3-0




こうなると、試合をどう運ばなければならないのか考えるのも団体戦では必要です。
桑木先生からご指示を受けます。


〈 1本勝負 〉
先鋒

次鋒

中堅

副将

大将


2-2 引分け



残念ながら1回戦敗退。
でも、絆は深まりました。






帰りの新幹線では、桑木先生からの景品付ビンゴ大会やカードゲームで和やかに家路へと向かいました。




桑木先生より
今回、試合では負けはしましたが、それぞれ良い試合ができたと思います。
そしてこの武者修行の旅で、足らない部分もありましたが、公共でのマナーや自分たちの行動を考える事も出来ました。
これからも自分たちで考え、行動ができるようにしていきましょう。




さて、武道館へ行きたい!と申し出た日から…
色んな試練がありました。

お忙しい中ご指導をして下さった先生方。
この場に一緒に来る事は叶わなかったけれど、一緒に稽古し励まし合った仲間たち。
頑張る姿を応援し、影ながら支えて下さった先生方、先輩方、可愛い後輩たち。
手作りのお守りやお餞別、力をつけてねと差し入れをして下さった方々。

本当にたくさんの方々の思いがあってこの場に来れた事を忘れず、そして試合だけでなく多くの事を学んだ事を忘れずに、これからも精進していていきましょう。


最後に…
応援して下さった皆様に深く感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

コメント
コメントする