豊川市立小坂井中学校にて、第9回 こざかい立葵剣道大会が行われました。

日々の努力の成果を表す時です。

 

<開会式>

 

< 団体戦 Aチーム>
梅園2−0牛久保
梅園3−1御津
梅園1−0剣禅会
梅園3−0砥鹿
梅園1−2御油

決勝戦まで勝ち進み、惜しくも敗退してしまいましたが見事準優勝。

日々の厳しい練習の成果ですね、本当におめでとう!!

 

 

< 団体戦 Bチーム>
梅園3−0御津
梅園0−2御油
3人ともとてもしっかりと竹刀が振れていたのに、間合いがうまくとれていなかったようです。
次に生かせるといいですね。

 

< 個人戦、1、2年の部 >
1、2年、3、4年の部では、1本目が基本打ちの勝負になります。
基本打ちで負けてしまった子は、もう一度、基本を見直して見ましょう。
大川紗英さん、見事準優勝です! おめでとう!
< 個人戦、3、4年の部 >
< 個人戦、5、6年の部 >

大川 雄吾くん、見事三位です! おめでとう!
< 先生方のお話 >
<桑木先生>
審判に促される前にコート内に入ること。
低学年 基本打ちは間合いと失敗しないことが大事。繰り返ししっかり練習すること。
<大川先生>
同じ技を何本も取られたら、試合中に気づいて対策をとること。
2分のために手伝ってくれたお母さん達に感謝すること。高学年は去年先輩達が頑張ってくれたからよい組み合わせの中で勝ち抜けた。後輩のため、来年学年があがっても頑張りましょう。
<林先生>
2位で満足しないこと。喜んでもいいが満足せず勝ちにこだわること。
先生方、関係者の皆さま方、ありがとうございました。
ご父兄の方々、お疲れ様でした。
コメント
コメントする