8月26日 第59回岡崎市総合剣道大会に参加しました。高学年団体2チーム、低学年団体2チームの4チームでの参加です。
団体戦は個人戦と違い、先鋒、次鋒、中堅、副将、大将がそれぞの役割を担いながら戦うこと、お互いがお互いの負けを補完しながらチームとして勝つこと、そしてチームとしての一体感が求められます。初めて団体戦に挑戦する低学年チームは、団体戦ルールの理解、高学年はチームとして勝つ戦略と自身の役割を理解することが大切です。

まずは低学年トーナメントから試合開始です。
低学年A 先鋒 戸田、次鋒 蒲池(研)、中堅 野村(佳)、副将 大島、大将 入谷(耕)
戦敗退。
低学年B 先鋒 大川(紗)、次鋒 山下(登)、中堅 名倉(虎)、副将 入谷(和)、大将 林(悠)
2回戦敗退。
どちらのチームも初めての団体戦に戸惑いながらも、よく頑張りました。特にBチームはチーム一丸となり、格上のチームにも臆することなくぶつかっていく素晴らしい試合を見せてくれました。一人一人の意識はもちろん、チームの仲間が応援してくれている、1人じゃないんだという意識がそうさせてくれたように感じました。
次は高学年トーナメントです。
高学年A 先鋒 大川(雄)、次鋒 林(隼)、中堅 野村(龍)、副将 蒲池(耕)、大将 大澤
3位入賞。
高学年B 先鋒 倉田、次鋒 山下(楓)、中堅 名倉(侃)、副将 山村、大将 石川
初戦敗退
Aチームは見事3位入賞を果たすことができました。
準々決勝では、もう少しチームとしての勝ちにこだわり、戦い方を考えても良かったかもしれません。Bチームは少し受け身の剣道になってしまいましたね。攻める気持ちを忘れずに、先をとる剣道が大切です。両チームとも色々課題が見つかったと思います。練習でしっかりと克服していきましょう!
大川先生
低学年Bはとても立派な試合をしていました。思い切ってふれただけでも大収穫です。高学年は団体戦を5人でどう戦うかしっかり考えてほしいと思います。
自分の試合が終わったら自分の試合と同じ位しっかり応援するようにしてください。高年生は低学年にその姿勢を見せてください。
試合に参加した子供達、応援に駆けつけてくれた子供達、先生方、そして沢山のサポートをしてくれたお父さんお母さん達、
お疲れ様でした。
コメント
コメントする