先日の県大会お疲れ様でした 6年生の保護者の方々、卒業おめでとうございます。 習い事が数ある中「剣道」を選択して頂き、当教室にお子さんを預けてくださったことに感謝の意を込めて下記の文章を書かせて頂きます。 6年生のみなさん、卒業おめでとう 私は皆さんが4年生の時から関わり始め、初めて見に行った試合で全員が初戦、序盤で敗退したことは今でもはっきり覚えています それが今では「西三河で入賞に手をかけた」所まで力をつけてくれた現状に、本当に嬉しく思います。(お母さんやお父さんのバックアップがあったことは忘れちゃダメよ) 君たちから私は人生に影響を受けたシーンがあります 今年100人掛けの審判を初めてやりました。私は残り10試合程度からやらせて頂きましたが、 残り数試合の苦しい中で一生懸命目の前の相手に向かっていく姿に心が震えました。 その姿に心の中で何度も「頑張れ、頑張れ」と唱えました。 公明正大に審判をやらなければ失礼ですが、旗を簡単に上げてしまおうかと私の弱い心が何度も揺れました。 私は自分より年齢が半分にも満たない君たちから「人生はたくさん負けても挫けてる時間なんて1秒も無いくらい次の勝負が待っている」ことを教えてもらいました。 勇気をくれて本当にありがとう。 卒業といってもまだ中学生です。義務教育ですし、特に付き合う人がめちゃくちゃ変わるわけでも無いので、人生のイベントに定期テストと反抗期が増えるくらいです。 家でどれだけ両親に反抗しても構いませんが、私の目の前でその姿を見せたら、、、ねぇ(今はネットで書いていいことと悪いことがありますので伏せます) 駄文も入り長くなりました 直接祝辞として伝えたかった内容ですが、機会を逃してしまったので文面として残させて頂きます そして改めて、卒業おめでとう 最低でもあと6年、お母さんやお父さんをもっと剣道で楽しませてあげなさい。今度の目標は全国大会。それが出来たら全国入賞。夢はでっかく根は深く。 以上
関連する記事
コメント
コメントする