21日(日)、試合当日です。

 

朝早いにもかかわらず、武道館の周りは人々々…。

2階席の列は武道館の回廊を、1階席の列は武道館の周りを蛇行して

ぎゅうぎゅうに並んでいます。

開場と同時に梅剣剣士たちはすぐ練習。梅剣旗も掲げました。

いよいよ開会式。

561チーム、3072人の行進、整列、準備体操!特に3000人の素振りは圧巻!!!

梅剣も堂々と入場しました。

梅剣メンバーと梅剣旗、どこだかわかる?

 

いよいよ試合開始です。

〈Aチーム〉

先鋒 名倉(侃) 次鋒 山下(華) 中堅 倉田  副将 林(隼) 大将 大川

   

1回戦  ○   対 春風館少年剣友会(千葉)

    基本  3ー2

   一本勝負 1ー2

     (本数により勝ち)

 

2回戦  ○   対 伊南武道館B(福島)

    基本  3ー2   

   一本勝負 3ー0

 

3回戦  ●   対 光龍館(香川)

    基本  1ー4

   一本勝負 0ー4

 

〈Bチーム〉

先鋒 大島  次鋒 戸田  中堅 野村  副将 入谷(耕) 大将 並河  控え 加能


  

2回戦  ●   対 群馬境剣道教室(群馬)

    基本  0ー5

   一本勝負 0ー4    

 

ふと隣に目を移すと、Aチームの隣の会場ではこの方が審判を…。

さすが武道館!さすが全日本錬成大会!

すべての試合が終わって外に出ると、次は私たち、と竹刀(?)を振る後輩たち。

先生からお言葉をいただいて、帰路につきます。

東岡崎駅へ到着。あっという間の2日間でした。

迎えに来てくれたさえちゃんの顔を見て、みんな顔がほころんだね。

 

ここまで頑張れた!ここで自分の力が発揮できた!という達成感を得たことも、

今の自分ではまだまだ!という悔しさを持ったことも、

武道館に向けて一生懸命頑張ってきたから、

そしてこの武道館で試合をすることができたからこその成果。

 

そして、ここまでに至ることができたのは、

お忙しい中ご指導してくださった先生方、稽古をつけに来てくださった先輩たち、

一緒に武道館に来ることはできなかったけれど、稽古に、強化練習に、共に励み支えてくれた梅剣の仲間たち、

家族のみんな、…多くの方々の支えがあったからです。

 

感謝を忘れず、この舞台で得たことを糧に、

チーム梅剣、みんなでさらに進化していきましょう。

最後になりましたが、

改めて、お世話になったすべてのみなさまに心よりお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする